のんびりゲーム

のんびりゲーム

プレイしたゲームの思い出話や感想

ペルソナ2罪


スポンサーリンク

ペルソナ2

今回紹介するのはペルソナ2罪です。

f:id:GrassW:20210616163140j:plain

ペルソナ2罪はPSで発売されたペルソナの続編です。

シナリオ的な繋がりはなくメインキャラも新規キャラですが初代ペルソナに登場したキャラも多数出演しているので前作をプレイしているとより楽しめます。

遊びやすくなったペルソナ

当ブログでも紹介しましたが初代ペルソナは非常に難易度の高いゲームでした。

ダンジョンは3Dダンジョンでしたし、戦闘はフォーメーションによっては物理攻撃が当たらない事があったりでクセが強かったですし、さらにはセーブポイントも少ないしで難しいというか色々苦労するRPGでした。

ところがペルソナ2罪ではそれらの問題が一気に解消され実に遊び易くなりました。

ダンジョンは3Dからドラクエなどでお馴染みの見下ろし型のダンジョンになり、戦闘はフォーメーションがなくなり物理攻撃も問題なく当たるようになりました。

またセーブに関してはどこでもセーブ可能になっており実にお手軽快適にプレイ出来るようになりました。

f:id:GrassW:20210616163231j:plain

遊びやすくなったけど

以上のようにメガテンシリーズやペルソナシリーズ初プレイの人にも遊びやすくなりましたが、一方でこれまでのシリーズにあったもので無くなったり変更になったものもあります。

悪魔合体がなくなりました

これは無くなったものの中でもかなり大きな変更点です。

月齢がなくなりました

これによって常に悪魔と交渉出来るようになり、交渉も成功し易くなりました。

ペルソナの作成方法が変更になりました

悪魔と交渉するのは変わりませんが、交渉成功後にその悪魔のタロットカードを貰えるのではなく、成功すると自身のアルカナのタロットカードを何枚か貰えます。

そのタロットカードをベルベットルームに持って行き、作成したいペルソナを選択して作成しますが、ペルソナによって作成に必要な枚数が決まっているので、必要な枚数がないと作成出来ないようになっています。

強力な合体魔法が使えるようになった

特定の順番に魔法・特技を使う事で合体魔法が使えるようになりました。

快適になって遊び易くなりましたが、メガテンや前作をプレイした事のある方にはちょっと物足りなさと違和感を覚えるかも。

f:id:GrassW:20210616163256j:plain

f:id:GrassW:20210616163310j:plain

重いシナリオとエンディング

メガテンシリーズや前作も重く暗い話でしたが、ペルソナ2罪はより暗い内容になってます。

ゲーム内の仲間キャラクターの性格が全体的に明るく掛け合いもコミカルで明るい雰囲気を出しているのに反してシナリオの内容は本当に重いです。

ペルソナは高校生が主人公と言う事でどちらかというと若者向けのシナリオになってます。

そのせいもあるのか、ただ単に世界を救う為だけに戦うのではなく、主人公や仲間キャラの葛藤と成長も描かれています。

主人公の葛藤や成長を描いているRPGは他にもありますが、ペルソナ2罪では世界が混沌としている原因が自分達にある事が分かるので、成長しているのは見受けられるのですが最後まで何処かまだ成長しきれてないように感じられます。

そしてラストでのボス戦のボスの造形やボス戦後の衝撃の展開によって、最後まで重苦しい雰囲気になっています。

ラスボスの戦闘後のしたり顔といい、エンディングに至るまでの展開といい、数あるRPGの中でもここまでスッキリしないエンディングを私は知りません。

最後にエンディングに関わる重要キャラに対して「礼をいう」か「ぶん殴る」か選択出来るのですが私は迷わずぶん殴りました。

ペルソナ2罪と罰で一つの話だと思っているので罪だけでは中々評価し辛い所はありますが、個人的にはこんなに重い話でスッキリしないエンディングでも、罪の主人公に対して結構感情移入したので、かなり印象深い好きな作品の一つです。

ペルソナ2罪・罰をプレイしていないという方、またペルソナは3からしかプレイしていないという方も是非、罪と罰合わせてプレイしてみてください。

きっと心に残る作品になると思います。