のんびりゲーム

のんびりゲーム

プレイしたゲームの思い出話や感想

餓狼 MARK OF THE WOLVES


スポンサーリンク

餓狼 MARK OF THE WOLVES

今回紹介するのは餓狼 MARK OF THE WOLVESです。

f:id:GrassW:20210624105031j:plain

餓狼MOWはSNK格闘ゲーム餓狼伝説シリーズの一つで餓狼伝説シリーズの最後の作品になってます。(現時点)

システムとキャラの大幅な変更

餓狼MOWは餓狼伝説シリーズの一つですがこれまでの殆どの作品にあった餓狼伝説シリーズの特徴だったラインバトルが廃止されて、一般的な格闘ゲームと同じ1ラインでのバトルに変更されてます。

また餓狼伝説シリーズというとキャラがあまり変わり映えしなかったですが、今作では登場キャラがほぼ総入れ替えになってます。

唯一残っているのはテリーですがそのテリーも見た目が大幅に変更されています。

ただキャラ総入れ替えといっても新規登場キャラの中には旧作キャラと何かしらの関係があるキャラが多いです。

f:id:GrassW:20210624105117j:plain

今作の主人公であるロック・ハワードは名前をみてピンときた方もいると思いますがギースの息子です。

設定としてはテリーの養子という事でテリーが育てたという事になっているので、使用する技はギースとテリーの技を受け継いでいるという感じになってます。

f:id:GrassW:20210624105136j:plain

北斗丸という少年はアンディの弟子で不知火流の忍者という設定です。

またキム・カッファンの2人の息子という事でドンファン(長男)ジェイフン(次男)という2人が参戦してます。

お父さんに近い技を使うのは弟の方でお兄ちゃんの方はオリジナルの技が多いです。

f:id:GrassW:20210624105217j:plain

他には餓狼シリーズではないですが、龍虎の拳でおなじみの極限流空手の使い手のマルコロドリゲスというキャラが参戦してます。

個人的にはキャラの大幅変更は良かったと思います。

強いかどうかは置いておいて主人公ロックは見た目も技もカッコ良いですし、テリーも見た目大分変わってますが個人的には餓狼MOWのテリーの方がカッコ良いと思ってます。

良い感じで歳を取ってる感じがあってカッコ良いだけでなく大人の渋みも出てます。

新しいシステムとイメチェンテリー

餓狼MOWではこれまでのシリーズにはない新システムがいくつかありますが、何と言っても1番の売りはブレーキングシステムだと思います。

ブレーキングとはキャラ毎にきまっているブレーキング対応技を出した直後にA・Bボタン同時押しすることによって技の隙を軽減する事が出来、その後に色々な技で追撃出来るようになるというシステムです。

追撃出来る技は通常技だけでなく、超必殺技でも追撃出来るようになっているのでブレーキングを駆使する事によって大ダメージを与えることが可能になります。

個人的にこのブレーキングシステムにやられました。このシステムに魅せられて餓狼MOWにハマりました。

餓狼MOWですがかなり好きな格闘ゲームの一つです。

当時既に社会人でしたが仕事帰りにゲーセンに寄って数プレイしてから帰宅したりしました。

惹かれた理由としては

ブレーキングシステムが楽しかった

月華の剣士の昇華に似てますが、昇華よりも攻撃のバリエーションが豊富でブレーキングからの超必殺技のコンボが個人的にかなりテンション上がります。

CPU戦でも対人戦でもこればかり狙う悪癖がつくくらいでした。

f:id:GrassW:20210624105243j:plain

テリーがカッコ良かった

餓狼伝説シリーズでは結構テリーを使う事が多かったので、餓狼MOWでも最初にテリーを選択してプレイしましたが、完全に餓狼MOWのテリーに惚れました。

以前の餓狼伝説シリーズでもテリーは見た目は格好良いのですが、流石に時代を経るにしたがって、「後ろで結ぶ長髪はちょっと」とか「良い歳してキャップもどうなの」とか「袖を切ってるジャンパーもどうなの」とか思っていた所に餓狼MOWでイメチェンして、それらの個人的にイケてないと思っていた所が全部クリアになって大人の渋みを感じる見た目になってこれはと思いました。

そして新技バスターウルフを見た時に、もうこれはテリー使うしかないと決めました。

それくらい個人的にバスターウルフという技は格好良いと思いました。

グラフィックや演出が秀逸

例えばロックとテリーですがキャラの見た目にはロックは線が細くスマートでテリーはガタイが良くガッチリした体型になっていて、テリーの方がパワーがありそうに見えます。

そして技の演出でもロックの超必殺技のシャインナックルとテリーの超必殺技のバスターウルフと見た目的にはどちらも突進系の似た技があり、シャインナックルの方はスピード感はありますがヒットエフェクトの演出は軽い感じで、バスターウルフの方はヒットエフェクトの演出が重い感じでいかにもパワーがありそうな感じの演出になっています。

f:id:GrassW:20210624105316j:plain

f:id:GrassW:20210624105337j:plain

個人的にバスターウルフに関しては餓狼MOW以降に出たどの作品の演出よりも餓狼MOWの演出が最高だと思ってます。

それぐらい餓狼MOWのグラフィックと演出は素晴らしいと思います。

 

餓狼MOWは現在の所、餓狼伝説シリーズ最後の作品になっています。 

今後、餓狼MOWのシステムを継承した新たなシリーズが出るかどうか分かりませんが、2Dドット絵格闘ゲームの最高峰のグラフィックと演出の餓狼 MARK OF THE WOLVES餓狼伝説シリーズ最後の作品として相応しい作品だと思います。