のんびりゲーム

のんびりゲーム

プレイしたゲームの思い出話や感想

MENU

鬼滅の刃上弦集結、そして刀鍛冶の里へを観てきました

鬼滅の刃上弦集結、そして刀鍛冶の里へを観てきました

今回は鬼滅の刃上弦集結、そして刀鍛冶の里へを観てきましたのでその感想です。

これは鬼滅の刃遊郭編の第十話と第十一話に春からTV放映される刀鍛冶の里編の第一話を映画館で上映するというものです。

映画館で上映といっても以前放送されたものと、これから放送される話を先行放映するだけというものですが、これが良かったです。

鬼滅の刃 観るならU-NEXT

映画館ならではの没入感

まず遊郭編ですが、こちらはTVで視聴済みなので、感動するエピソードですがそこまで期待していなかったのですが、これがめちゃくちゃ良かったです。

TV放映時もクオリティが凄いと言われていましたが、映画館の大きなスクリーンで観ても何ら見劣りしない映像でしたし、大きなスクリーンで迫力ある音響で観ることによって没入感が半端なかったです。

無限城スゲー

そして刀鍛冶の里編の第一話ですが、これも凄かったです。

何が凄かったかというと、物語冒頭に上弦の鬼達が無限城に集結するシーンがあるのですが、その無限城の描写が凄かったです。

無限城の中を進んでいくようなシーンがあるのですが、凄かったですね。

このシーンは映画館で先行上映するから特別気合い入れたのかもしれないですが、ちょっと圧倒されましたね。

恐らくTVで観てもスゲーと思いますが、映画館の大スクリーンで観た時の迫力は本当に凄かったです。

奥さん喜ぶ

そしてこれは我が家の話ですが、刀鍛冶の里編が終わった後のスタッフクレジットを観て、ウチの奥さんが狂喜乱舞しました。

もう既に一般にも発表されている情報なので言ってしまいますが、上弦の鬼の玉壺の声優さんが奥さんの好きな鳥海浩輔さんでした。

正直、上弦の鬼の中でも1番印象薄い感じの玉壺でいいの?という感じですか、どんな役でも好きな作品に出演するというだけで良いのだそうです。

声優好きの人はそういうものなんですね。

鬼滅の刃上弦集結、そして刀鍛冶の里へは以前TVで放映した回とこれからTVで放映される回を映画館で観れるというだけのものなので、TVで観れば良いやというくらいの人にはススメませんが、どうしようか迷っている方は絶対に観に行った方が良いです。

前述した通り映像の迫力も凄いですし本当に没入感が凄いので一度観た映像も新鮮な気持ちで観れるので是非とも観に行く事をオススメします。

 

マクロスデルタ

マクロスデルタ

今回はアニメのマクロスデルタを紹介します。

マクロスシリーズをここ数ヶ月で観てきましたが、いよいよ最後の作品です。

初代マクロスマクロス2、マクロスプラスマクロス7マクロスFマクロスゼロ、そしてマクロスデルタと長った・・・

マクロスデルタ 観るならU-NEXT

ワルキューレ

最初観る前に作品の紹介文を見ると女性ボーカルユニットと書かれていて、正直最初は「うーん大丈夫かな」と思ってしまいました。

何でしょうか女性ボーカルユニットといわれて、最初想像したのがアイドルグルーブ的なわちゃわちゃしている子達が出てくるんだと、思ってしまったわけです。

ところがです

実際に観ていくと、そんな私の考えは間違っていました。

ワルキューレのメンバー全員それぞれに個性があって、しっかりと役割が決まっている感じで、グループとして凄いしっかりとした構成になっていると思いました。

最初疑ってしまってすいませんでした。

その中でも美雲さんですね。

物語としても重要人物でありながらかなり異彩を放っている存在です。

そんな美雲さんは何といっても歌が物凄く印象的です。

劇中でもワルキューレの他のメンバーから別格扱いされていますが、実際の歌声もまさに別格です。

美雲さんは普段の声と歌が別の人が担当していて、歌のパートはJUNNAさんという歌手の方が歌っています。

ワルキューレの歌はJUNNAさんの声がかなり印象的です。

この記事を書くにあたって色々と調べていたら、ワルキューレの歌をレコーディングした時は何と14歳という事ではないですか。

14歳の子があんな落ち着いた感じのパワフルな歌声というのにビックリしました。

ワルキューレ恐るべしです。

これまでのマクロスシリーズとはちょっと違う

マクロスデルタですが、これまでのマクロスシリーズとは一味違った印象を受けました。

敵側に戦う明確な理由がある

これまでのシリーズは人類と未知の生物や異星人との戦闘であり、ただ侵略する為みたいな感じでしたが、マクロスデルタでは敵側も人類種であり、自分達の星に甚大な被害を与えた統合軍に対して宣戦布告をするという形になっています。

その為、敵側にも戦う理由があり、兵士たちにも個性があり、国の内部事情も複雑に絡み合ってきます。

これはガンダムシリーズでは割とよくある構図ですが、マクロスシリーズでは珍しい感じがしました。

それ故に敵側の話も多くなっているので、敵側のキャラも非常に印象に残ります。

個人的には味方キャラよりも敵キャラの方に魅力を感じるキャラが多かったです。

主人公が

今作の主人公ハヤテですが、これまでのマクロスシリーズの主人公とは違って恋愛に関してウジウジしていません。

ちゃんとヒロイン二人に対してどちらが好きかハッキリと告白します。

この辺は一条輝とアルトとは一味違います。

マクロス大投票のキャラクター部門では、輝とアルトよりも人気がないようですが、個人的にはこの2人よりも好印象です。

好きか嫌いかでいうと可もなく不可もなくという感じですが、マクロスシリーズでは珍しいタイプの主人公だと思います。

これで一応はマクロスシリーズを全て観終わりました。

シリーズの長さではガンダムシリーズに匹敵するくらいのシリーズですが、ガンダムは途中から時系列的には全く繋がりのない、名前だけがガンダムという作品になっていますが、マクロスシリーズは初代から今なお時系列が繋がっている作品を作り上げてるのは本当に凄いと思います。

また新しいマクロスシリーズが出る事を楽しみに待ちたいと思います。

 

ROUTE END

ROUTE END

今回紹介するのはマンガのROUTE ENDです。

作者は中川海ニ先生。ジャンププラスで連載されてました。

あらすじ

ROUTE ENDは特殊清掃会社に勤務する春野太慈が、会社の社長で恩人の橘浩二の死をきっかに「END事件」と呼ばれる猟奇殺人に巻き込まれ、事件の真相にせまっていくサイコサスペンスです。

話の先がとにかく気になる作品

面白く読んでいるマンガの殆どは先が気になるものですが、ちょっとこのROUTE ENDはそんな面白いマンガ達よりも、ちょっとレベルの違う面白さを感じました。

兎に角読んでいて先が気になってしょうがない、読む手が止まらないという感覚です。

この感覚は久しぶりに感じました。

これだけ先が気になるのは、話が面白いのは勿論なんですが、話の構成力が本当に上手いのです。

構成が本当に上手いので、読んでいて読み手が迷子になる事がありません。

ちょっと人気のあるマンガなんかでもたまにありますが、読んでいて「あれ今誰の話してるんだっけ」とか、「今何処にいるんだっけ」という感じで、話があちらこちらに飛んで迷子になる事があったりします。

それとこういったミステリー系のマンガや小説では読者に犯人を推理してもらう為に色々とヒントや伏線を張っているものですが、中にはミスリードさせる為に周りくどい話を混ぜたりしてそれが過剰になって、推理放棄したくなるようなものがあったりしますが、ROUTE ENDは構成が上手いので、登場人物達を使って最後までしっかりと推理をするやる気を失わせません。

ROUTE ENDははっきり言ってしまうと、金田一少年の事件簿のような明確に読者に犯人を当てさせる為のミステリーマンガではないにも関わらず、最後まで真相を考えさせてくれる構成力は本当に見事です。

さらに単行本の作りが上手く、各巻の終わらせ方が絶対次の巻読みたくなるよという話で終わっています。

これらのおかげで本当に私は読むのがやめられなくなり、全8巻という事もあってあっという間に読み終わってしまいました。

ただのミステリー・サスペンスマンガではない

ROUTE ENDは形としてはミステリー・サスペンスマンガではありますが、単なる娯楽としてのミステリーマンガではありません。

娯楽としてのミステリーマンガや小説は、当たり前ですが事件解決したらそれで終わりです。

しかしROUTE ENDは犯人分かったらそれで終了ではなく、最初から最後まで死について描写しています。

それも不慮の死によって残された家族や知人達の描写をです。

残された人達の心情がこれでもかと描写されるので、例え事件の真相が分かっても、これで終わりめでたしめでたしとはなりません。

これは物語の最初から主要登場人物の殆どがこういった悩みを抱えている設定にしていることからも、中川先生はかなり意識して描いているんだと感じます。

傑作だとは思うのですが

個人的にROUTE ENDは近年読んだマンガの中では間違いなく傑作だと思います。

ここまで話に入り込んで読ませてくれる作品は中々ないです。

ですが、じゃあ好きなマンガ上位に入るかとか名作かと言われるとそこまでではないのです。

この辺は完全に個人の好みになってしまいますが、敢えて気になった事をあげてみます。

主人公の印象が薄い

主人公の太慈は刑事でもなければ探偵でもないのでしょうがないのですが、ちょっと影が薄いかなと感じました。

やっぱりマンガとかは何だかんだで主役を立てるのは重要な要素だと思っているので。

物語の結末が・・

事件の真相や犯人についての話は本当に引き込まれるのですが、最後の結末が今一つ個人的にはしっくりこなかったです。

あまり書くとネタバレになるので説明は出来ないのですが・・

話が重い

これは完全に個人の好みになりますが、前述した通り死について深く描いているので、読んでいて気持ちが重くなります。

そういう話が好きな人もいると思いますが、私はマンガ・ゲームなどの趣味に関しては普段のストレスを解消する為、息抜きの為のものなので、あんまり気が重くなる話はちょっと辛いです。

たまにならそういう作品を読むのも悪くないですが、個人的には苦手な部類です。

ミステリーは好きなんですが、それ以上踏み込まれるのはちょっと・・

絵の描き分けが・・

個人的にはシンプルな絵で読みやすくて好きなんですが、やや顔が似たキャラがいてちょっと誰だっけとなりました。

完全に個人の好みによるものですが、以上の事があってROUTE ENDが物凄く好きかといわれるとベストではないかなと。

それでも近年私が読んだマンガの中ではかなりの傑作だと思います。


DYS CASCADE(1) (月刊少年マガジンコミックス)

作者の中川海ニ先生ですが、現在連載中のDYS CASCADEも凄いです。

ROUTE ENDと同じくサイコサスペンスですがこちらも続きが気になる展開で、ROUTE ENDにハマった人ならこちらも必ずハマるはずです。

こちらは単行本はまだ2巻しか出ていないので早く続きが読みたいです。

 

氷菓を観てみました

氷菓を観てみました

今回はアニメの氷菓を観てみたのでその感想です。

氷菓は原作は米澤穂信先生、京都アニメーションが制作しています。

私はアニメは観る方ですが、制作会社とかは詳しくないですし、何処の制作会社が凄いとかもよく知りません。

ですが京都アニメーションは作画が凄い綺麗だというのは聞いた事がありました。

氷菓は全く知らなかったですが、U-NEXTで作品を探す際にミステリーで検索したら引っかかったので観てみる事にしました。

氷菓 観るならU-NEXT

ジャンルは日常ミステリーもの

ミステリーといっても金田一少年の事件簿のように学園内で殺人事件が起きるとかそんな話ではなく、日常に潜むちょっとした謎を神山高校の古典部の男女4人が解いていく(主に主人公)というお話です。

主人公の折木奉太郎は省エネ主義者で自分で積極的に動く事は殆どないタイプの青年です。

そんな奉太郎が姉のススメで廃部寸前の古典部に入部。そこで出会った千反田えるに推理力を見込まれやむなく謎を推理していきます。

氷菓はジャンルとしてはミステリーですが、殺人ミステリーと違って日常での謎を解明するミステリーという事もあってか全体的に丁寧に描かれている気がしました。

というのも殺人ミステリーものと違って、最後に犯人による自白の真実のようなものは基本的にはなく、殆どが主人公奉太郎の推理による解決になっているからだと思います。

これが真実だという解決編がないので、奉太郎の推理に納得してもらえるようにする為に伏線といえるものもしっかりと丁寧に描いているのだと思います。

ただ話は丁寧に構築されていて面白いのですが、正直最初の方は面白いけど何か物足りなさを感じて観てました。

これは殺人ミステリーと違って「犯人は誰だ」とかの緊張感があまりない為、先の話がどうなるのかというドキドキ感みたいなのが最初はあまり感じられなかったからだと思います。

ところがです

中盤から物語にドンドン引き込まれる

物語中盤の自主制作された結末が描かれていないミステリー映画の犯人と結末を古典部の面々が考えるというエピソードからドンドン話に引き込まれていきました。

このエピソードに関しては、恐らく殆どの視聴者の方が辿り着くであろう結末に奉太郎もやはり辿り着きます。

ところがです・・・

これに関しては別の真実か隠されていて・・・

という感じで、このエピソードから先がドンドン気になるようなってきました。

そしてその後にある文化祭のエピソード。

ここで起こる様々なエピソードと十文字事件によって私は完全に氷菓の虜になりました。

文化祭のエピソードは十文字事件も気になって面白いのですが、古典部メンバーの様々な一面と、これまで比較的クールに話が続いていた中でちょっとだけ熱くなるようなエピソードがあったりと非常に見応え十分で面白かったです。

氷菓の評価が実際どうだったかは知りませんが、この二つのエピソードでハマるかハマらないかで大きく変わるのではないでしょうか。

実際にアニメの中でもこの二つのエピソードは長編になっているので、ここに相当力を入れていたのでないでしょうか。

私もこの二つのエピソードでハマりましたから。

氷菓は丁寧な話の構成と綺麗な絵が印象的で、学園ドラマでありながらドロドロとした人間関係がないので爽やかな気持ちで観れるそんな作品でした。

 

ファイナルファンタジー3

ファイナルファンタジー3

今回はファイナルファンタジー3を紹介します。

ちなみに最近プレイしたのはPSP版です。

ファイナルファンタジー3ファミコン版は買った記憶はあるのですが(パッケージの箱絵を良く覚えているので)内容はビックリするくらい忘れてました。

「あれプレイしてないのか?」と思ってしまいました。

PSP版で3Dになっていたというのもあるかも。

何年か前に急に昔のゲームがプレイしたくなり、ドラクエシリーズやFFシリーズ、メガテンシリーズを買い漁った事がありました。

ドラクエは1~3は3DS、4~6はDS版、FF1~7をPSアーカイブス版(3はPSP版)、メガテン1~ifをPSアーカイブス版といった感じで買ってプレイしました。

(実際には半分近く積んでいてまだ未プレイのもの多数なんですが)

で今ファイナルファンタジー3です。

ファイナルファンタジー3の目玉ジョブチェンジシステム

ファイナルファンタジー3といったら何と言っても自由度の高いジョブチェンジシステムではないでしょうか。

わざわざ転職所なんかに行かなくとも、戦闘中以外ならいつでも何処でも転職可能です。

私はやり込み派でもないですし、冒険野郎でもないので4人でバランスの良いジョブばかりでしたが、それでも新しいジョブを手に入れるとジョブチェンジして楽しみました。

そして初登場の召喚魔法。

後のファイナルファンタジーシリーズの代名詞ともいえる召喚魔法も今作から登場ということになっています。

ラストダンジョンの辛さ

この頃(ファミコン時代)のRPGをこの歳になってプレイすると、ダンジョンの広さってこんなに狭かったっけと思う事があります。

当然ファミコン時代のものなのでそんなに広大なマップではないのは当たり前なのですが、当時小中学生くらいの頃はプレイしていてダンジョンが広く感じて辛かった記憶があります。

これは当時は「とにかく先に進めたい」という気持ちが強過ぎて、レベルもほどほどで戦闘にも苦労していたからそう感じていたのでしょうか。

この歳だとレベルを十分に上げてからいく石橋を叩いて渡るプレイなので余裕があるから余計に狭く感じるのでしょうか。

そんな感じなのでファイナルファンタジー3もダンジョンは狭く感じたのですが、ラストダンジョンにはやられました。

実際には広くはないのですが、セーブポイントがない・・・

しかも回復ポイントもない・・・

レベルはそれなりに上げていったので死ぬ事はなかったのですが、MPが回復出来ないのは結構辛かったです。

今回ファイナルファンタジー3をクリアして思ったのは、当時買った記憶はあるけどクリアしてないのかな?と思いました。

何か覚えている事もあったのですが、ラスボスとか全く記憶になかった。

ファイナルファンタジー3をクリアして、次はファイナルファンタジー4になるわけですが4は良く覚えているので久々にプレイするのが楽しみです。

 

月館の殺人

月館の殺人

今回紹介するのはマンガの月館の殺人です

月館の殺人は原作:綾辻行人先生、作画:佐々木倫子先生です。

あらすじ

鉄道嫌いの母の影響もあり、いまだかつて電車に乗った事のない女子高生の雁ヶ谷空海は、母の死から2カ月後、弁護士の中在家から「母方の祖父が生きていて財産相続の件で北海道まで来てほしい」と伝えられる。

祖父の待つ月館へは幻夜号という列車に乗って行く事になり鉄道初体験をする。

そこで空海は6人の「テツ」に出会う。

この6人も祖父の招待客で6人と鉄道の旅に出ることになるが、やがて一人の乗客が死体で発見される・・・

という鉄道ミステリーになっています。

綾辻先生の本領発揮

月館の殺人は原作が館シリーズなどでお馴染みのミステリー作家・綾辻行人先生なので、ミステリー部分の話は流石という感じで動機やキッカケ、トリックなどはしっかりしています。

ミステリーマンガでも意外とその辺がユルイものがあったりしますからね。

私は殺人を犯すにはそれなりの動機とかが必要だと思ってしまう人なので、その辺はしっかりしていて良かったです。

言い方は悪いですが、犯人に殺されてもしょうがないねと思わせるくらいの説得力が欲しいです。

それと流石、館シリーズ綾辻先生といえるトリックもあり、ミステリーものとしては文句なしの出来で、恐らくほとんどの人は意表をつかれると思います。

佐々木先生らしい表現

そんな月館の殺人ですが、実に独特な雰囲気を醸し出しています。

その独特な雰囲気を出しているのは、作画の佐々木先生の描写が大きいです。

殺人ミステリーですから本来なら緊迫した雰囲気で話が進むはずですが、佐々木先生の作画によって、どんな時でもユーモアを感じるようになっています。

これは殺人ミステリーなんだから緊迫感がないと駄目だろうという方には合わないと思いますが、個人的にはこのギャップみたいなものがアクセントになっていて面白かったです。

そのユーモアセンスに拍車を掛けているのが、鉄オタ達の描写です。

月館の殺人は鉄道が大きく関わってくる話なのですが、そこに鉄オタを絡ませるというのが面白いです。

私は鉄道の事は良く分からないごく普通の人なので、鉄オタの人達ってこんな人達なのという感じでミステリーとは違う部分でも楽しめました。

月館の殺人は本格殺人ミステリーマンガでありながら、読んでいて思わず笑ってしまうようなかなり独特な雰囲気を持っているそんな作品でした。

 

アシダ音響のヘッドホンST-90-05を買ってみました

アシダ音響 ST-90-05

今回はアシダ音響のST-90-05というヘッドホンを買ったのでその感想です。

毎度の事ですが、まず最初に言っておきますが私はイヤホンやヘッドホンマニアではありません。

そこまでこだわりのない素人の感想だと思ってみていただければと思います。

では何故アシダ音響さんなんていうマニア向けのヘッドホンを買ったかというと、偶然ネットで紹介記事を読んで興味を持ったらかというミーハー心からです。

他にも、手頃な値段の有線ヘッドホンを探していたというのも大きかったです。

感想の前にちょっとヘッドホンについて私の話を少々

ヘッドホンの性能は値段相応?

4年くらい前の話になりますか、Bluetoothのヘッドホンが欲しくて某家電量販店に行った時の事です。

購入するにあたって、事前に色々と調べて行った訳ですが、メーカーとかのこだわりは特になく、とりあえず値段で一万円前後のものでという感じで調べていました。

それで幾つか目星をつけて家電量販店へ。

で実際に自分のiPhone とペアリングしてiPhoneに入っている音楽を聴いて色々と聴き比べてみました。

まず目星をつけていた某メーカーのヘッドホンで聴いてみると・・・

「ボーカルしかいない」そんな風に聴こえました。

もちろんこれは大袈裟な表現で、実際にはその他の音も聴こえてましたが少なくとも音の広がりみたいなものを感じませんでした。

他にも同価格帯のものを聴いてみても、どれも似たり寄ったりな感じでBluetoothだとこんな物なのかとちょっとガッカリしました。

しかしです

その後、絶対に値段的に買えないけどウン万円くらいする某メーカーのヘッドホンを試し聴きすると衝撃を受けました。

まずノイズキャンセリングの性能に驚いて、さらに鳴り響く音にも衝撃を受けました。

大袈裟な表現ですがコンサートホールで聴いてるかのような音の広がりと音響を感じました。

本当にこれはスゲーと思いました。

結局そのときは最初に目星をつけていた一万円前後のものは買わずに、もう少し頑張って二万円前後まで出して納得出来る某メーカーのヘッドホンを買いました。

これは4年くらい前の話なので、多分今はBluetoothヘッドホンやイヤホンの性能も上がっていると思うので、一万円前後でも納得出来る良いものが買えると思いますが、この時は素人ながらにヘッドホンは値段相応に性能や音が変わるんだなあと実感しました。

アシダ音響 ST-90-05

話を戻します。

Bluetoothヘッドホンは持っているのですが、休みの日に家のパソコンに繋いで音楽を聴く用にということで、有線ヘッドホンが欲しくなり探していたところにST-90-05の事を知りました。

値段6,600円というお手軽な値段でありながら、音が良い、コスパ最高という評価が多かったです。

で買おうと思った訳ですが在庫がない。

メーカーのオンラインショップで販売しているのですが、予約販売という形になっていて大体1ヶ月から2ヶ月待ちです。

他のネットショップでみるとプレミア価格になっていたりと中々普通には購入出来ない状況です。

特に急いで欲しかったわけではなかったので公式オンラインショップで買おうかなと思ったのですが、楽天のショップで予約販売ですが値段が6,667円と通常価格に近いのを発見。

楽天だと貯まっているポイントが使えるのでこちらで購入を決めました。

2ヶ月くらい掛かるかと覚悟してましたが、何と2週間くらいで届きました。

納期も早く、梱包も凄く丁寧で良いショップで買えました。ありがとうございます。

ヘッドホン ASHIDAVOX アシダボックス ST-90-05-K オンイヤー 音楽用ヘッドホン 有線 小型 レトロ モダン【送料無料】

価格:6,667円
(2023/1/20 22:26時点)

さて肝心の音の感想です。

まず最初に感じたのは、「今まで聴こえてなかった音が聴こえる」でした。

これまでパソコンに繋げていたヘッドホンは大分前に買った同じ価格帯のヘッドホンで、これはこれで自分好みの音だったので満足していたのですが、流石に長年使っていてイヤーパッドはボロボロでケーブルも断線気味になりだしたので今は使用していないのですが、そのヘッドホンでは明らかに聴こえてなかった音が聴こえました。

そして次に思ったのは「低音の響きが凄い」です。

先程の話で購入したBluetoothヘッドホンよりも低音の響きや質感はST-90-05の方が私好みで良いです。

一方で高音の方はクリア感はそれ程ではない感じですが、私としてはあまり刺さり過ぎる高音は苦手なので、刺さり過ぎずにそれでいて、こもっている感じもなくちょうど良く感じました。

音に関してはネットの評判だけで、試し聴き出来なかったので多少の不安がありましたが、かなり自分好みの音で、それだけでも十分買って良かったと思えました。

しかし更に良かったと思える事がありました。

それは「長時間装着していても耳が痛くならない」です。

ヘッドホンの場合、長時間装着していると耳が痛くなる事がしばしばありましたが、ST-90-05は3〜4時間装着してましたが痛くならなかったです。

最初はイヤーパッドが小さめで耳の上に載せるようなタイプなので、耳が痛くなるかなと思ってましたが、全く痛くならない。

これはバンドの締め付けがキツくなく丁度良い感じだからだと思います。

これは結構、私にとっては大きい評価点です。

以上がST-90-05の素人ながらの感想になります。

ちょっとした参考にしていただければ幸いです。


ヘッドホン ASHIDAVOX アシダボックス ST-90-05-K オンイヤー 音楽用ヘッドホン 有線 小型 レトロ モダン【送料無料】