のんびりゲーム

のんびりゲーム

プレイしたゲームの思い出話や感想

MENU

新機動戦記ガンダムWを久々に観てみました

新機動戦記ガンダムWを久々に観てみました

今回はガンダムWを久しぶりに観たのでその感想になります。

ガンダム視聴シリーズ今回はガンダムWです。

ガンダムWは最初観た時の印象が衝撃でしたね。

何と言いましょうか主役の5人の少年達全員が大人びてカッコつけていて「何だコレ」と思ったのを覚えています。

最初目に付くのは主役5人の少年達ですが、ずっと観ているとカッコつけているのはこの5人だけじゃないと気がつきます。

主要キャラがカッコつけているというのは良くあると思いますが、ガンダムWではちょっとしたモブキャラですら何かカッコつけてるという印象でした。

カッコつけるというか言い回しとかが一々演技ぽい言い回しで、アニメなんだけどアニメの中の演劇を観ているというそんな感じでした。

最初はその辺が気になってあまり入り込めなかったです。

新機動戦記ガンダムW 観るならU-NEXT

とんでもない主人公ヒイロ・ユイ

そして何より私に衝撃を与えたのは主人公のヒイロでした。

イケメン美少年な上に最初登場した時の服装がタンクトップに短パンって・・・

その辺が好きな女性層を狙いすぎでしょう。

更に最初の頃のヒイロが私にはちょっと理解不能・意味不明でした。

突然ヒロインのリリーナに対して「お前を殺す」とか突然自殺的行為をしたりとか、極めつけは遂にはガンダム本体共々自爆って・・・

何故そんな行動を取るのかやってる事の意味は分かります。

任務中に顔を見られたから見た相手を殺すとか、任務失敗したから自ら死のうとするとか、意味は分かるんですが、何か最初はヒイロというキャラが私には本当に理解不能でした。

最初観た時は全体的にこんな印象だったのでちょっと観るの辛いなあと思ってたのですが。

最初は本当辛かったんですが、ちょうどヒイロが自爆した辺りから何となく観れるというか段々と楽しくなってきました。

それはまずカッコつけてるキャラ達とか世界観が徹底しているので、何かそれが普通の事のように観れるようになったのが大きかったです。

そしてヒイロも自爆した後から何か急に普通とまでは言いませんが、それなりに聞き分けの良いキャラになってちょっと丸くなった感じが出てから割と好きになっていきました。

ストーリー自体も私は後半のストーリーが楽しかったですね。

ガンダムでお馴染みの宇宙と地球の対立や完全平和主義というものを掲げて、様々な団体ができますが、ガンダムパイロット5人とゼクス、トレーズさえカッコ良ければそれでOKみたいな感じで分かりやすく割り切ってる感じが良かったです。

なので最後まで観た時には何だかんだで「ガンダムW面白れー」になりました。

大人過ぎる少年達

ただ面白いけど気になるところも勿論あります。

これはガンダムの感想を書く時に良く言ってますが、少年達があまりに大人びてるのが気になります。

ガンダムといえばパイロットの少年が周りの大人達の導きによって成長していくというイメージなので、そういう部分ではガンダムWの少年5人+リリーナ辺りは少年少女という皮を被った大人という感じでした。

全員物語中に成長しているのですが、大人が導いたというより、自己解決したとか同じガンダムパイロットによって成長している感じでした。

ですがこれがまあ難しいところで、例えば以前感想を書いたガンダムX

こちらは感想にも書きましたが主人公のガロードは如何にも未熟な少年でガロードを導く年上キャラが多く、その成長振りが伺える作品です。

私はガンダムXは好きですが、ガンダムWとどっちが面白いのかと言われるとガンダムWの方が面白いと思います。

作品が好きだからといってエンタメとしてそういう作品の方が面白いかと言われると、必ずしも好きと面白いがイコールにはならないです。

そういうのは本当に難しいところですね。

モビルスーツのデザインが・・・

次に気になったのはモビルスーツのデザインが全体的にあまり好みではなかったです。

個人的にモビルスーツのデザインはシンプルな方が好きなのですが、リーオー、エアリーズ、トーラス辺りはシンプルだけどあまり魅力を感じなかったですし、トールギスや主役のガンダム五機(後半含む)も個人的にはそんなに好きなデザインではなかったです。

ただOVAエンドレスワルツに登場するウイングゼロカスタムだけは度肝抜かれましたが。

カッコ良いというか良くこんなデザイン思いついたなあと関心しました。

ガンダムWガンダムに新たに女性層を取り込む事に成功した作品で、主要キャラクターを全員美少年に設定したり、話の内容も主要キャラクターをいかにカッコ良く魅せられるかというところが徹底された作品でエンタメ作品として本当に面白い作品だと思います。

 

劇場版ハイキュー!!ゴミ捨て場の決戦を観に行きました

劇場版ハイキュー!!ゴミ捨て場の決戦を観に行きました

今回は劇場版ハイキューを見に行ったのでその感想になります。

ついに待望のハイキューのアニメの続きが劇場公開されました。

さっそく初日に観に行きましたが凄かったです。

まず何が凄かったというとファン層とその多さに驚きました。

初日に行くのは随分前から決めていたのですが、劇場の席予約が出来るようになった朝にネットで空席を調べたら何と朝9時くらいの時点で良い席は埋まっていて空いている席も少ないではないですか。

やむを得ないので、いつも行っている東宝シネマズの予約は諦めて別の劇場で予約を取りました。

この時点でかなりハイキューのファンの多さをなめてました。

そしていざ劇場に行ってみるとこれまた凄い人数のファンの人達がグッズを購入するために列を成してました。

本当に凄かったです。

しかもハイキューファンの特徴として男女カップルで来てる人達よりも女子同士で来てる方が多く男女比率では圧倒的に女子が多かったです。

ハイキューが女性に人気というのは何となく聞いてましたがまさかここまでとは・・・

完全に侮ってました。

そして映画も凄く良かったですね。

ハイキューファン一番人気の試合のアニメですから内容が素晴らしいのは観る前から分かっていた事ですが期待を裏切らない内容で良かったです。

ネタバレではないですがちょっと中身の話をしますと、今回の劇場版ですが完全に音駒視点で主人公は日向ではなく研磨でした。

原作もややそういう所はありましたが、今回の劇場版は完全に研磨が主役で音駒のキャラ達の方が目立ってました。

やはり時間が・・・

基本的には満足な内容で良かったのですが、やはり原作を知ってしまっている身からすると物足りなさもありました。

これは劇場版という短い時間でまとめているのでやむを得ないのですが、やはり所々で「あの場面はカットか」と思うところがあったのも事実です。

本音を言えばテレビシリーズで一クール掛けてじっくり観たかったですが・・・

それでも待ちに待った作品だったのでとても満足しています。

 

ホリミヤを観ました

ホリミヤを観ました

今回はアニメのホリミヤを観たのでその感想です。

ホリミヤですが私は原作は読んでいないので、アニメを観ただけの感想になります。

最初にこういう前置きをするのは、何かネットでホリミヤの事を調べると「ホリミヤ アニメ カットしすぎ」とか出てくるので、今回の記事はあくまでもアニメの感想となります。

ホリミヤですが、特に内容を知らずに観始めましたが、最初はただのラブコメだろうと思って観ていたのですが、ただのラブコメではなく高校生の日常を描いた学園青春ものでした。

最初は堀さんと宮村くんの恋愛模様を描いていく作品だと思っていたら、何か結構早い段階で惹かれ始めて特に紆余曲折する事なく付き合いだしたので展開早って思いました。

私は前置きした通り原作を読んでいないので、ネットのカットしすぎという記事をザッと読むと、どうやら付き合うまでの過程も結構カットされているようで、こういう部分に原作勢からの批判が出ているようです。

私のアニメの第一期を観た時の感想はというと、確かに堀さんが宮村くんに惹かれていく過程が少ないとは思いましたが特に疑問に思わず、ただ展開が早いアニメだなあという感想でした。

ホリミヤ 観るならU-NEXT

主人公カップルよりも

後、こういう事言うとファンの方には申し訳ないですが、個人的には堀さんと宮村くんの主人公カップルにはあまり興味がなかったというのもあります。

興味ないというと言い過ぎですが、アニメを観ていた率直な感想だと、主人公カップルの恋愛話が少なく感じましたし、ホリミヤのアニメでは何か脇のキャラクター達のエピソードの方が印象に残ったからです。

なので個人的にホリミヤの登場キャラで好きなのは主人公カップルの堀さん、宮村くんよりも、石川くんや井浦くん、柳くんなどの脇の男キャラが好きでしたね。

石川くんは実はモテ男だけど何か可哀想なキャラですが、ホリミヤグループの中ではグループメンバーを繋ぐ居なくてはならないようなキャラで良いですね。

井浦くんもうるさいと言われるキャラですがムードメーカー的な印象で好きですね。

柳くんはイケメンなのに何でこんなに性格良いのというくらい良い奴ですし。

なので個人的にはサブキャラ達がどちらかというと好きでした。

ジェネレーションギャップ?

ホリミヤですが、基本的には楽しく観ていたのですが気になる事が何点かありました。

まずは登場人物達の距離感みたいなのが気になりました。

距離感というと男女問わず仲が良いとかそういう事ではなく(それも基本的には近いんですが)何と言いましょうか随分と軽い感じで異性の友達を家に呼ぶのかというのが気になりました。

彼氏彼女の関係になっていればまあ分からなくもないですが、その前でも普通に家に入れて家族ぐるみの付き合いをしてたりと、何か昭和生まれの私には結構衝撃でしたけどね。

この頃の高校生は皆んなこんな感じなんですかね。

後は堀さんと宮村くんは付き合っているのに、最後までお互い苗字呼びなのが気になっちゃいました。

タイトルがホリ(堀さん)とミヤ(宮村くん)だから最後までタイトルなぞって苗字呼びだったのでしょうか。

大した事ではないのですが何か気になりました。

原作勢の方からはアニメはカットし過ぎと言われているようですが、アニメから入った私には十分な感じでした。

ホリミヤはただのラブコメではなく高校生達の日常青春ものとしてサブキャラにもスポットが当たっていて面白かったです。

 

久々に週刊少年ジャンプを買いました

久々に週刊少年ジャンプを買いました

今回は久々に週刊少年ジャンプを買ったというお話です。

今週発売のジャンプを買いました。

いつまで買っていたか記憶は定かではないですが、30年振りくらいにジャンプを買いました。

記憶が曖昧ですがスラムダンクが終わって暫くしてから買うのを止めたと思うので、スラムダンクの連載終了を調べたら96年となっていたので正確には28年振りですかね。

何故こんな久々に買ったかというと、ハイキューの読み切りが掲載されていたので買ったわけです。

ハイキューですが、いよいよ来週2月16(金)から劇場版アニメが公開されます。

今回ジャンプに読み切りが載ったのは、それを記念して劇場版で描かれる烏野対音駒戦の決着を別角度から描いているマンガが掲載されています。

なので原作知らずにアニメだけしか観ておらず今回の劇場版を観に行く人はネタバレするので読まない方が良いです。

そんなハイキューの為に30年振りくらいにジャンプを買ったのですが、私が買って読んでいた頃よりも色々と違いを感じたので、その辺の話をしたいと思います。

いつの間にこんな値段に

まず値段です。

正確には覚えていないですが、私が小学生の頃に買い始めた頃は多分170円とか180円だった記憶があります。

それから買うのを止める頃までも多分200円は超えてなかったと思います。

それが何と今は290円!!にもなっているではありませんか。

これはちょっとビックリしました。

この値段で今の小中学生達は毎週買えるのでしょうか?

ジャンプなのに絵が・・・

他に違いを感じたのは何かどのマンガも絵が上手いと感じました。

何か失礼な言い方ですが、マジでそれは感じました。

私が読んでいた頃はいい意味で個性的な絵のマンガが一つや二つあったものでしたが。

「何か皆んな絵上手っ」って思いました。

久々に週刊誌を買って読みましたが、やっぱり何か良いですね。

これまで読んだ事なくタイトルだけしか知らないマンガを内容全く知らずに読みましたが、面白いじゃんと思う作品も何本かありました。

やっぱり週刊誌で読むと新たな発見があるので良いなと思いました。

 

ブログネタのお話

ブログネタのお話

今回はブログのネタのお話です。

私のブログの主なネタはゲーム・アニメ・マンガの感想や思い出話となっています。

ただ最近はアニメネタが多くなってしまっています。

それには訳があって、私のブログネタを書くスタンスみたいなお話しをしたいと思います。

ゲームのお話

まずゲームに関してですが、過去の思い出の話もありますが、なるべくなら今現在プレイ出来て確認が出来るゲームの話をしたいというのがあります。

これは記憶に頼った話だと思い違いなどで間違った話をしてしまうかもしれないので、なるべく確認してから書きたいというのがあるので。

そしてゲームの感想のお話ではなるべくクリアしてから書こうと思っています。

これは割と昔のゲームあるあるだと思いますが、途中どんなに面白くても最後の方のマップや敵が鬼のような難易度になっていてテンション下がるという事があるので、特にRPGなんかは途中で評価や感想は書きたくないというのがあります。

こういうスタンスなのでゲームに関してはクリアするまでに時間が掛かるので、そんなに頻繁に感想を書けないのです。

しかも今現在ストリートファイター6という終わりのないゲームにどハマりしているので、他のゲームが手付かずでして・・・

これはスト6に飽きるか諦めるまでこの状態は続いていきそうです。

マンガのお話

マンガも基本的にはゲームと一緒です。

過去に読んだマンガの感想を書くにしてもなるべくこちらも確認して書きたいので、手元にないマンガのお話しはちょっと書き辛いのです。

そしてこれもゲームと同じですが、マンガもなるべくなら連載終了しているマンガの感想を書きたいと思っています。

マンガもやはり途中めちゃくちゃ面白くても最後尻窄みみたいになった作品もあるので、なるべくなら最終回を迎えた上で評価をしたいというのがあるので、現在単行本で読んでいるマンガの感想を書きたくなる事がありますが我慢をしています。

もし連載中のマンガの感想を私が書いたらネタがなくなったか、その巻がメチャクチャ面白かったかどちらかと思ってください。

後、マンガの場合私はながら読みとかが出来ないのでどうしてもマンガネタが少なくなってしまうのです。

ゲームとアニメだとゲームしながらアニメ流し観みたいな事が出来ますが、マンガ読みながらアニメ流し観はちょっと出来ません。

マンガを読むとなると単行本なので結構集中して読むので、読み始めるのに気合入れないと読めないんですよね。場合によっては2巻くらい前から読み直して思い出す作業もあるので。

アニメのお話

最近私のブログではアニメネタが多くなっています。

これは前述した通りアニメの場合、ながら観や流し観が出来るので、情報が頭に入りやすいというのが大きいです。

更には1.2倍速とかでも観れたり出来るので休みの日などで一気観がし易いというのも大きいです。

それが可能になったのもU-NEXTのお陰です。

アニメの場合、ながら観や流し観をしていても何か面白いと私の中で感じた時は真剣に観るみたいなスタンスに現在なっています。

なので当ブログで感想が書かれているアニメは私の中のセンサーが反応した作品たちです。

センサーに反応せず取り敢えず観ましたとか中には途中で視聴を止めた作品も多々あります。

そんなスタンスでブログを書いているので、すいませんが暫くはアニメネタが多くなるかと思います。

 

実物を見て買う事も大事

実物を見て買う事も大事

今回は何か物を買う時に店舗に行って実物を見て買う事もたまには良いねというお話です。

昨今では皆さんもネットで商品を買う事が多くなっているのかなと思います。

私もネットの方が価格が安かったり実店舗に行くのが面倒だったりでネットで買う事が多くなっています。

今回は実際にお店に行かないと分からなかった・気付かなかったというお話しをしたいと思います。

新年早々(1月2日)ですが我が家のドライヤーが突如壊れました。

私は男なので自然乾燥でも構わないのですが、奥さんの方は髪も長いので流石にドライヤーがないとどうしようもないという事で翌日家電量販店にドライヤーを買いに行きました。

正月な上に緊急を要する案件なのでネットでは間に合わないので。

取り敢えず行く前に色々とネットでどんな商品があるか奥さんと見ているとドライヤーだと人気なのはパナソニックかなという感じでした。

壊れてしまったドライヤーもパナソニックだったので今回もパナソニックかなと私も奥さんも半ば決めてました。

で実際に店舗に行ってみても目立って推されているのはパナソニックかなという感じでした。

後はどの価格帯の物にしようかという事ですが、奥さんが家電量販店で使える商品券を数千円持っていて、後ポイントもそこそこ溜まっているので、それらを使って支払うのは一万円くらいというプランのようなので、2万円前後くらいの物かなという感じでした。

暫く商品を見ていると店員さんがやってきてまず勧められたのはやはりパナソニックでした。

まあそうなると取り敢えずパナソニックの商品からどれにするかという感じで奥さんが悩んでいると、私がある事に気付きました。

何とパナソニックのドライヤーはポイント還元対象外だと書いてあるではないですか。

これには奥さんもポイントが全くつかないのかと衝撃受けてました。

するとまた別の店員さんがやってきて、今度はパナソニックのドライヤーたちの隣にあったシャープのドライヤーも良いですよと勧めてきました。

更に今だとシャープのドライヤーを買うとプラス1000ポイントプレゼントというキャンペーンも実施中だとか。

まあポイントが全てではないですが、それもあって奥さんはシャープのドライヤーにも興味が出てきたのでした。

でそこから暫く奥さんはパナソニックとシャープのドライヤーを実際に電源入れて確かめてというのを繰り返して悩む事に。

(うちの奥さん結構商品買う時は時間掛けて悩む人なのです)

すると奥さんが「何かシャープの方が風が気持ち良くてサラサラした感じになる」とシャープ製品の方に傾きました。

で最後の決め手はポイント還元のある・なしになり、更にはシャープの場合はプラス1000ポイントという事もありシャープのドライヤーを購入しました。

買ったのはこちらのドライヤーです。

価格は当初考えていたランクのものよりも高い商品を買ったのでやや予算オーバーしましたがポイントがそれなりに付いたのて満足してました。

で実際にシャープのドライヤーを使ってみるとこれが良いんです。

奥さんがお店で風が気持ちいいと言ってましたが、私も実際に使ってみると確かに気持ちいいです。

結構高いランクの商品という事もあり、これまで使っていたドライヤーよりも温風の温度が低いのです。

初めて使った時は髪が濡れているので、むしろ涼しく感じるくらいの温度なので、これで乾くのかと心配しましたが、風量が強いので、これまで使っていた物よりも早く乾きます。

更には温度が低いという事もあり、髪を乾かしている方の手が全く熱くならないのです。

なんなら顔にずっと風を当てていても気持ちが良いくらいです。

そして乾いた髪を触ってみると確かにサラサラになったと感じます。

シャープという事なので皆さんご存知のプラズマクラスターが出ていることもあり、仕上がりは明らかにこれまで使っていたドライヤーよりも気持ちが良いです。

この辺の感想は恐らくパナソニックの同じランクのドライヤーを買っても同じような感想になると思いますが、どちらかというとドライヤーではマイナーなシャープの商品を実際に店舗で試して、こっちの方が良いと決めたというのが気持ち的に大事なところだと思います。

今回買ったシャープのドライヤーは本当に実際に店舗に行って試してみないと分からなかった商品でこれは買ってよかったと思える商品でした。

 

 

坂道のアポロンを観ました

坂道のアポロンを観ました

今回はアニメ坂道のアポロンを観たのでその感想です。

坂道のアポロンもマイリストに突っ込んであったので何となしに観始めました。

こちらの作品もどんな内容か特に知らずに観始めましたが、友情・恋愛・ジャズといったものを題材とした高校生の青春群像劇でした。

坂道のアポロンの原作者は小玉ユキ先生という女性の漫画家先生ですが、私はアニメを観ていて女性の先生らしい内容だなあと思って観てました。

これは完全に私の個人的な思い込みなんですが、女性の漫画家先生はリアリストといいましょうか、凄く残酷なところがあるなあと常々思っています。

この坂道のアポロンもそういった感じが良く出てる作品だと思いました。

坂道のアポロン 観るならU-NEXT

ちょっとネタバレあるのでこれから観ようという方はお気を付けください。

例えばこの作品のキーの一つのジャズですが、ジャズはあくまで主人公と周りの人を繋ぐアイテムの一つに過ぎず、ジャズで将来大成するとかそういった事はありません。

そして恋愛に関しても同様です。

主人公の薫は律子というクラスメイトを好きになり一応は両想いのようになりますが、成就しませんでした。

作品自体、ジャズや恋愛が最終目的ではなく、あくまでも思春期の少年少女達の感情をメインに描いている作品なので、そこは重要ではないといえばそうなんですが、男性漫画家先生のラブコメばかり観ていた身からすると、何ともドライな感じがしました。

登場人物達の感情の揺らぎの表現が上手い

坂道のアポロンを観て思ったのは登場人物達の感情の表現が上手いなあと感じました。

前述した通り主人公の薫はクラスメイトの律子に恋をするのですが、一度失恋をします。

この時の距離の置き方や態度が男の私からすると「何か分かる」という感じでした。

でその後、律子は一度振りましたが、薫にいつも励ましてもらっていたという事に気付き薫に惹かれていくのですが、その時の薫の心情も「何か分かる」という感じでした。

ただ薫に関しては家庭環境のせいもあるのですが、ちょっと卑屈過ぎる感じがあるので、もう少し素直になれよと思うところも多々ありました。

一方で律子の方の感情の変化や揺らぎの表現も上手かったですね。

観ていて凄い切なさを感じました。

個人的には出来ればこの二人は結ばれて欲しかったと思いますが。

そうしなかったのも学生時代の恋は中々実らないみたいな事を表したかったのでしょうか。(考え過ぎかな)

そんな主人公達には非常に厳しい現実を突きつけている作品なのですが、周りの人物には意外と甘かったり理想的な人物を描いていたりします。

例えば同級生の星児。

彼の夢は上京してスターになるというものでしたが、見事に最後アイドルになってます。

そして兄貴的存在の淳一さん。

淳一さんは薫達の一つ先輩の百合香に好意を寄せられますが、キスまでで手を出さなかったとか「そんなカッコ良い人います?」と思ってしまいました。

坂道のアポロン少年マンガにあるようなラブコメや青春マンガとは一味違い、高校生活は楽しい事ばかりではなく、辛くて切ない事の方が多いという現実的な厳しさを描いている作品です。

だからといって観るのが辛いという感じはなく、話にドンドン引き込まれていく作品でした。