のんびりゲーム

のんびりゲーム

プレイしたゲームの思い出話や感想

MENU

落ちものパズルゲームのお話

落ちものパズルゲームのお話

今回は落ちものパズルゲームの思い出話になります。

落ちものパズルゲームというとテトリスぷよぷよが二大落ちものパズルゲームだと思います。

今回はこの二つのゲームのお話しをしていこうと思います。

この二つの落ちものパズルゲームですが私はテトリスはそこまでハマらなかったですが、ぷよぷよはかなりハマったゲームの一つです。

ハマったからといってめちゃくちゃ上手い訳ではないですが。

ぷよぷよの前にテトリスの話をしますと、テトリスというと私くらいの年齢の人が真っ先に思い浮かべるのはゲームボーイ版のテトリスではないでしょうか。

私も持ってました。

次に思い浮かべるのはキーホルダー型のテトリスではないでしょうか。

キーホルダー型テトリスが販売していた頃は私は既に社会人で某家電量販店で働いていたので、入荷した時の買う為の行列は今でも覚えています。こっちは私は買わなかったですが。

テトリスというとこんな感じで色々とブームがありましたしが、私はゲームボーイ版こそ買いましたがそんなにハマってプレイはしなかったです。

そんな私の中のテトリスというとセガから出ていたアーケード版のテトリスなのです。

当時は結構頻繁にゲーセンに行っていた時期だったので、ゲーセンで延々とテトリスをプレイしている人を見てました。

常に誰かがプレイしていたという感じだったので、私はゲーセンではちょっとしかプレイしなかったのですが。

しかしです。

そんなアーケード版のテトリスセガメガドライブに移植されるという発表があり、私は密かに歓喜したのを覚えています。

ところがです・・・

何か発表された発売日になっても販売しておらず「発売延期になったのか」と思い、その後もずっと待っていたのですが・・・

結局メガドライブ版のテトリスは発売される事はなかったのです・・・

メガドライブ版が発売中止になった理由は版権の関係のようで、その辺りの事はネットで検索すると分かると思うので興味ある方は調べてみてください。

もしこのメガドライブテトリスが発売されていたらもしかしたら私はテトリスにハマっていたかもしれませんね。

続いてはぷよぷよのお話です。

ぷよぷよとの出会いはゲーセンでした。

当時友達とよく行くゲーセンに置いてあって、最初は友達がプレイしていて、それを見て面白そうと思い私もプレイしました。

ぷよぷよは何か新鮮な楽しさがありましたね。

テトリスは当時は延々と1人でプレイするという感じでしたが、ぷよぷよは1人プレイでもコンピュータ相手の対戦形式でしたし、キャラクターも可愛く連鎖時に出るボイスも新鮮でした。そして何と言ってもそのゲーム性ですね。

ただ同じ色のぷよを四つ重ねて消すというだけでなく、積み方によってドンドン連鎖して消えていくというシステムが本当に面白かったですね。

そんなぷよぷよメガドライブに移植されているのを知って、これもソッコーで買いましたね。

メガドライブ版を買って友達2人でずっと対戦してましまたね。

そして更なる衝撃を受けたのがぷよぷよ通でしたね。

ぷよぷよ通も最初ゲーセンで見てプレイをして、そしてメガドライブの移植版も買って、これも友達2人でずっと対戦してましたね。

ぷよぷよ通では相殺システムが追加されて、如何に大きな連鎖を作る事が出来るかが重要になっているので、友達と遊ぶ時は対戦で、1人で遊ぶ時はどれだけ連鎖が作れるか考えながらプレイしてました。

何かこれだけハマったみたいな話すると、とんでもなく連鎖出来るのかなと思われるかもしれませんが、対戦ではとても10連鎖以上組むとかは無理です。せいぜい1人でじっくりとゆっくりGTR(連鎖の形)を考えながらプレイしてやっと10連鎖くらいという程度の腕前です。

当時の通っていたゲーセンにぷよぷよ通の対戦台がありましたが、普通の人よりは上手いかもしれないですが猛者との対戦ではとても勝負になりませんでした。

ぷよぷよシリーズはその後も色々と発売されてますが、私のぷよぷよ熱のピークはぷよぷよ通でしたね。

これが私の二大落ちものパズルゲームの対照的な思い出話です。

今でもこの二つのゲームは対戦が熱いですし、この二つが一緒になってるゲームもあるくらい息の長いシリーズとなってます。

私もぷよぷよの方は今でも1人でひっそり連鎖を組んで楽しんでいます。

 

ヲタクに恋は難しいを観ました

ヲタクに恋は難しいを観ました

今回はアニメのヲタクに恋は難しいを観たのでその感想です。

ヲタクに恋は難しいですが、アニメ化されるずっと前からタイトルは知ってました。

うちの奥さんがヲタ恋が大好きで珍しく自分で単行本を買って集めてましたので。

ただ私はというと今でこそラブコメをめちゃくちゃ観てますが、ちょっと前まではラブコメにそこまで興味はなかったので家に単行本はありますが、読む事はなかったです。

ですが今はめちゃくちゃラブコメアニメを観まくっているので、今回ヲタクに恋は難しいをアニメからですが観てみました。

ヲタクに恋は難しい 観るならU-NEXT

大人のラブコメ

最近ラブコメアニメを色々と観ているわけですが、ラブコメというと大体が中学生や高校生の恋の話が殆どです。

そういった中高生の思春期の恋話を観てると初々しさを感じたり、甘酸っぱい描写が沢山出てきて、キュンキュンさせられる事が多いです。

ところが、ヲタ恋は社会人の恋話なので、初々しさは勿論ないですし、甘酸っぱいという描写はまあ殆ど無かったですね。

観てる私は既に50超えた既婚者なので、ヲタ恋の主要キャラ達の描写に「若いなぁ」と感じるところが多々ありながらも、凄く共感出来るところが多かったです。

個人的に中高生のラブコメ作品には若干ファンタジー的なものを感じますが、ヲタ恋に関しては結構現実的なものを感じました。

オタクの恋ですが・・・

ヲタクに恋は難しいというタイトルからも分かる通り、主人公とその彼氏はヲタク同士です。

主人公の成海は腐女子同人活動をする程のオタクで、付き合う事になる彼氏の宏嵩は重度のゲームオタクです。

そんな2人の恋話なわけですが、観てると意外とオタク限定というよりも割と一般的な恋話だと感じました。

主人公の成海は以前付き合っていた彼氏にオタク趣味をカミングアウトして振られた事がトラウマになって、転職した職場ではオタク趣味は出さないようにしようとか、一方で宏嵩の方は恋愛経験が乏しいからか、付き合いだしてもウチデートとかが多く、こんなんで良いのかと悩んだりします。

ヲタ恋はカップル同士がオタクというのを設定として使って話を面白おかしくしてますが、こういう感情って割と一般の人も感じる事だと思います。

少なくとも私は2人が感じたような事を若い時に感じました。(まあ私はどちらかというとオタクよりではありますが)

それ故にヲタ恋に関しては観ていてかなり共感出来る部分が多かったのも他のラブコメ作品と違うところでした。

ヲタクに恋は難しいは社会人同士のラブコメという事でこれまで中高生のラブコメばかり観ていた私には逆にとても新鮮に感じた作品でした。

 

推しの子を観ました

推しの子を観ました

今回はアニメの推しの子を観たのでその感想になります。

推しの子ですが、アニメ化される前にマンガの方で評判になっていたので多少はどんな内容の話なのかは知ってました。

ですがマンガの方で評判になってはいたものの、サスペンス部分はともかく芸能界の裏話的なものとかには正直全く興味がなかったので、多分読む事はないだろうなと思ってました。

実際にアニメ化されてアニメの方でも評判になってもやはりそれ程興味をそそられる事はなかったです。

推しの子を観るキッカケは

そんな私が何故今更、推しの子を観たのかの話しからしますと、最近我が家で水星の魔女を観始めたのがキッカケでした。

私は水星の魔女は既に一期も二期も観ていたのですが、奥さんが何故か水星の魔女に興味を持ちまして、それで最近一緒になって水星の魔女を観始めたのです。

で何故そこから推しの子に繋がるかというと・・

水星の魔女の第一期の主題歌がYOASOBIの祝福なのです。

すると奥さんがやたらYOASOBIの祝福を気に入って、それキッカケでアニメの推しの子の主題歌であるアイドルも良く聴くようになったのです。

それが歌を聴くだけでなく、TVでYOUTUBEでPVを良く観ていたので、私も一緒になって良く観る事になり、それでPVに出ている推しの子のキャラクターが気になってアニメを観始めたという訳です。

(観るキッカケ話が長くてすいません)

ブコメ部分にハマる

さてそれで特に大きな期待もせず観始めたのですが、これがまた第一話は中々の衝撃を受けましたね。

第一話は通常よりも長い放映だったようですが、これは正解ですね。

この第一話を観せられたらまあ次も観ますよ。

その後は芸能界の裏話の話が中心な感じで、時折ミステリーサスペンスの要素を盛り込んでいるという感じでした。

先にも言いましたが、私は別に芸能界の裏話とかはそんなに興味もなく、ミステリーサスペンスといっても視聴者側に謎を解かせる要素がある訳でもないので、推しの子がそれだけの内容だったら多分そんなにハマる事はなかったです。

ですが推しの子の更にもう一つの要素が今現在の私にはビビッと来ました。

それは今の私の頭が完全にラブコメ脳になっているので、推しの子のラブコメ要素のところに私はハマりました。

私は原作未読なのであくまでもアニメ放送部分までの話になりますが、推しの子のラブコメ要素は他のラブコメ作品と違って何か闇を感じるラブコメだと思いました。

ブコメ作品は振られる子が少なからずいるので多少の闇はありますが、基本的には明るい雰囲気で話が進んでいきますが、何か推しの子は誰がという訳ではないですが全体的に闇を感じますね。

ただそこがこの作品の雰囲気にあっているような感じがあり、私はそこが面白かったです。

推しの子ですが最初は特にそこまで興味もなく観始めましたが、最終的にはかなりハマってしまいました。

推しの子もいずれマンガを買って読もうかなと思うくらい面白かったです。

 

六花の勇者を観ました

六花の勇者を観ました

今回はアニメの六花の勇者を観たのでその感想になります。

今回観た六花の勇者ですが、これもいつ登録したか覚えていないのですが、U-NEXTのマイリストに登録してあったので観てみました。

六花の勇者は所謂八犬伝タイプのファンタジー作品で運命の神に選ばれし6人の勇者が魔神討伐をするというお話しです。

このあらすじと実際に最初に観た感想はごく普通のファンタジーという印象でした。

正直最初の方は退屈な作品だなあと思って観てました。

これ全12話と短いけど結構観るの辛いなと感じて途中で観るのを止めようかと思いました。

ところがです・・・

六花の勇者 観るならU-NEXT

ファンタジーミステリー?

中盤辺りで六人の勇者が集結するのですが、そこで勇者は6人のはずが何と7人集結して誰がニセの勇者だというミステリー展開になってからが俄然話が面白くなりドンドン話に引き込まれていきました。

そうなんです。

六花の勇者はただのファンタジーではなくミステリー作品でもあるのです。 

ファンタジーでミステリー要素といってもどうせ直ぐに偽者判明してバトルになるんだろうと思われるかもしれないですが、六花の勇者が面白いのはミステリー部分の話がメインで謎解きが丁寧に作られているのです。

偽物だと疑いをかけられるのは主人公なのですが、主人公が1話毎にこいつは偽物ではないという感じで丁寧に可能性を潰していくのが中々本格ミステリーぽくて惹きつけられました。

丁寧過ぎて問題も

一つ一つ可能性を潰していく構成は面白いのですが、あまりにも丁寧過ぎて真相解明の前に「あいつが偽物か」と悟らせてしまうようなところがあり、偽物が判明した時に驚きがなく、「やっぱりね」という感じになってしまうのがちょっと残念でしたね。

ちょっとネタバレですが

最後に残るのが3人いて

1人は最初から主人公を偽物だと決めつけている人物。

2人目はそれまで主人公と結構絡みのある人物。

3人目はあまり目立たない人物。

と、こうなってしまうとトリック的な事は分からないですが、何となく予想できてしまったんですよね。

ただそこに至るまでは緊迫感があって本当に引き込まれていきます。

六花の勇者ですがアニメ最終回で偽物が判明して、6人揃っていざ出陣となったところに更に最後の最後でもう1人勇者を名乗る人物が現れてアニメの方は終わるという。

また先が気になる終わり方をします。

でアニメの二期があるのかと調べるとアニメは一期しか作られておらず、やや消化不良。

しょうがないので、じゃあ禁断の手法でネットで結末検索しようとしたところ・・・

何と原作の方も2016年を最後に新刊発売がなく、何やら未完のまま終了という情報が・・・

正直めちゃくちゃハマったというわけではないので、このままアニメで続きが作られなくてもそこまでガッカリ感はないのですが、ちょっとでも気になってしまった作品が未完のままはちょっと残念ですね。

 

その着せ替え人形は恋をするを観ました

その着せ替え人形は恋をするを観ました

今回はアニメのその着せ替え人形は恋をするを観たのでその感想です。

ここのところ視聴しているアニメはラブコメが続いていますが、今回もラブコメです。

良く言っている事ですが観るアニメの殆どがどんな内容か知らずに、ジャンルとオススメ評価とかをみてかなりアバウトにチョイスして観る事が多いです。

今回の「その着せ替え人形は恋をする」も同様で、一応はマンガの表紙とかは見たことあるな程度で観始めました。

これがですね、かなり面白くて当たりを引いた感じでした。

内容は本当に全然知らず、まさかコスプレの話だったとは。

その着せ替え人形は恋をする 観るならU-NEXT

ヒロイン・海夢(まりん)が魅力的

その着せ替え人形は恋をするはマンガの表紙とかは何か良く見ていたのですが、内容も全く知らずにただ漠然と表紙のギャルぽい女の子が恋をするラブコメだと思ってました。

実際話しの内容はその通りだったのですが、私がやられたのはヒロインの海夢が魅力的だったのがやられました。

個人的な偏見から見た目がギャルぽいから何か軽いノリの女の子でラブの部分もそうなんだろうと勝手に思っていました。

ところがです・・・

このヒロインの海夢ですがノリは確かに軽いんですが、自分が好きな事を茶化されたりすると怒り、人が夢中になっている事に対しても決して茶化したりせずにリスペクトするような真っ直ぐな性格な女の子なのです。

更には読者モデルとして活動する程の美少女で良くナンパもされるも恋愛経験はあまりない感じで、普段は誰とも気さくに話が出来るのに主人公の新菜(わかな)の事を好きになるにつれて、意識して顔を正面から見られなくなるくらい奥手です。

海夢の魅力は正にこれで普段の行動と見た目に反して、何かに夢中になっている人を決して茶化さず、更には恋に奥手なところなどがギャップがあって良いんです。

これがただ誰にでも優しく気さくで実は真面目なだけだったら、ここまで魅力感じなかったかもしれないですが、新菜に対して恋愛対象として意識する時の態度が本当に可愛らしいのが良かったです。

主人公・新菜も魅力的

その着せ替え人形は恋をするはヒロインの海夢が魅力的なのは先程述べた通りなんですが、他にも主人公の新菜も魅力があって良いです。

色々とラブコメ観ていると中には何でこの主人公がモテモテなんだと思う事があります。

個人的にあまり魅力を感じない主人公の特徴は優しいだけの感じの主人公です。

優しさも魅力の一つなんですが、どうもそれだけだとモテるのに今一つ説得力が欠けているんですよね。

もう一つ何か特徴が欲しいと言いましょうか。

その点、その着せ替え人形は恋をするの主人公の新菜は真面目で優しいだけでなく、祖父と同じ雛人形の顔を作る職人になるという夢から、今作の肝であるコスプレの衣装や化粧が出来るというところが説得力があって更には新菜の魅力にもなっているのが良いです。

ヒロインの海夢も新菜のそういった職人的な部分にも魅力を感じているのも良いですね。

 

その着せ替え人形は恋をするは主人公とヒロインが実に魅力的でコスプレなどに興味はなくても、この二人の物語が本当に面白くて話にのめり込めます。

この作品もアニメから入りましたがアニメが面白かったので、マンガを買って読もうと決めました。

で現在まで出ているマンガ全巻買って読んでしまいました。

(これは2023年の年末に買ったので・・・2024年の目標は破ってないです)

 

機動新世紀ガンダムXを観ました

機動新世紀ガンダムXを観ました

今回はガンダムXを久しぶりに観たのでその感想になります。

以前もお話ししましたが、私は一時期ガンダムシリーズから離れていた時期がありました。

宇宙世紀ガンダム以外は認めないぞーみたいな感じで。

今回のガンダムXもその時期に放映されていたガンダムシリーズなので当然リアルタイム視聴はしておらず後でレンタルビデオで観ました。

そんなガンダムシリーズから離れていた時期がありましたが、TVで視聴していなくともちょっとした情報は耳にしたりしました。

例えばGガンダムだと「何か風車にガンダムの顔があるんだけど」とか「ガンダムの顔にガンダムが」とかガンダムWだと「何か少年5人がカッコつけてるよ」とかターンAだと「ガンダムにヒゲが」といった具合に実際に観てはいないですが良くも悪くもそういった噂を聞いてました。

ですがガンダムXに限っては何もそういう噂話のようなものは耳にしませんでした。

なのでガンダムXガンダムシリーズから離れていた時期の作品の中でも群を抜いて印象の薄い作品でした。

で実際にレンタルビデオで借りて観たわけですが、なるほどなと思いました。

とにかく色々と地味な印象を受けました。

機動新世紀ガンダムX 観るならU-NEXT

色々と印象が薄い作品

まずキャラクター。

主人公のガロードは破天荒な少年ではありますが、絵的にイケメンでもないですし、パイロット能力も極々普通。

そしてヒロインでありガンダムXにおいて最重要人物であるティファはニュータイプ能力をもっているものの無口で何か無愛想。

その他のメインどころのキャラクターは意外と印象的なんですけどね。

そしてガンダムでは欠かせないモビルスーツ

GX(ガンダムX)最強の武器サテライトキャノンはとんでもない破壊力がありましたが、ウイングガンダムのバスターランチャーみたいに頻繁に撃たないですし、主役機のGX以外のガンダム機体のレオパルド、エアマスターなどもGガンダムガンダムWで主役以外のガンダム機体というのが既に常習化していて目新しさを感じず更にはデザイン的にもレオパルドはWのヘビーアームズでしたし。

更にストーリーの方はというと、このストーリーも何か地味な印象を受けましたね。

最初の方は大きな戦争の最中の話でもなく、ただニュータイプを探す旅みたいな感じでしたし。

そして後半になると展開が早すぎるという印象もありました。

前半はロードムービー的な感じでのんびりと進行していたのに対して、後半は唐突に宇宙に行って地球に戻ってきたと思ったらまた宇宙に上がったりと、最終決戦であるはずなのに展開早っと思いましたね。

これはまあ視聴率悪くて話数短くなったらしいのでやむを得ないところではあるのですが。

そんな感じで色々な部分で地味というか印象が何となく薄いガンダムシリーズという印象でした。

これはガンダムXの前の二作、GとWが良くも悪くもそれまでのガンダムシリーズの殻をぶち破るくらい破壊力のある作品だったのもXが地味に感じる原因だと思います。

印象は薄いけど面白い

なんかここまでは地味だ印象が薄いなどと悪口のような事ばかり言いましたが、これは決してガンダムXがつまらないという事ではないです。

むしろ個人的には好きなガンダムシリーズの一つです。

キャラクターに関してはガロードガンダムシリーズの主役としてはやはり色々と弱いのは間違いないと思います。

ただそんな色々と未熟な主人公をしっかりと支えて導いてくれるキャラクターが多いのがガンダムXの特徴です。

ジャミルを筆頭にフリーデンに所属しているクルー達、敵でありながら協力してくれたカトックなど、ガンダムシリーズの中でもかなり大人キャラが充実しているシリーズだと思います。

例えばガンダムWやSEEDのように若いキャラ達が割としっかりしているシリーズもありますが、個人的には若いキャラは若さ故の行動や未熟さがあって、それを諭す大人キャラがいる方がどちらかというと観てて安心感があって好きですね。

更にガロードとティファの若者二人に関しては成長していく過程もさることながら、二人の恋愛感情もSEEDみたいにぶっ飛んでなくて、初々しさを感じて良かったですね。

ストーリーも地味と言いましたが、一つ一つのエピソードがしっかりしていて凄く考えて作り込まれているので、ガンダムらしい戦争の派手さはないものの、結構じっくりと観させてくれます。

モビルスーツのデザインですが、全体的なデザインは正直なところそこまで好きではないですが、初期主人公機体のガンダムX(GX)はかなり好きなデザインです。

特にサテライトキャノンを畳んでいる後ろ姿は他にはない特徴的なデザインでカッコ良いと思います。

最後にガンダムXが良いのはオープニングの曲ですね。

ROMANTIC MODEの「DREAMS」と「Resolution」は名曲だと思います。ガンダム主題歌の中でも個人的にかなり好きな曲たちです。

ガンダムXはあまり話題にもならず地味な印象ですが、話がしっかりしているので観れば観るほど味が出るそんな印象のガンダム作品です。

 

アンダーニンジャを観てました

アンダーニンジャを観てました

今回はアニメのアンダーニンジャを観て奥さんが衝撃を受けたお話しです。

秋放送のアニメですが葬送のフリーレンや薬屋のひとりごとなど話題になっているアニメがいくつかありましたが、我が家で一番話題になっていたのはアンダーニンジャでした。

アンダーニンジャですが私はマンガを2巻まで出ている時に読んだのですが、面白いけど話の進行が遅いなあと感じて、この時点でもうちょっと進んでからまとめて読もうと思っていた作品でした。

ですが結局そのまま読まずにいたらアニメ化され、まあアニメで良いかという軽い感じで観始めたアニメでした。

一応、奥さんも観たいというので毎週録画して奥さんと観ていました。

うちの奥さんですが、ヤンマガ系のエロ・グロ・バイオレンスやギャグが結構好きなので多分アンダーニンジャもハマるんじゃないかと思ったらやっぱりハマりました。

我が家にしては珍しく毎週欠かさずに観ていたアニメでした。

そんなアンダーニンジャですが1クールで終了しました。

この終わり方が何とも衝撃的な終わり方でした。

それまでは過去の話とかを挟みつつ割と淡々と話しが進んでいったのですが、突然終わりの方に来てハードなエピソードが始まって、最後は主人公・九郎の衝撃のシーンで第一クールは終了しました。

この九郎のシーンで奥さん絶句してしまた。

「何かちょっと好きになり掛けてたのに」と・・・

アンダーニンジャ 観るならU-NEXT

世間ではあまりアニメの方は話題になっていなかったようですが、我が家では秋クール1番のヒット作でした。

アニメの終わりが衝撃的だったので私はマンガを読む事を決意しました。